訪問介護

登録ヘルパー大募集

一緒に働いてみませんか?

訪問介護では、登録ヘルパーを随時募集しています。
現在、小さいお子さんのいるお母さん、60代の主婦や定年退職後の男性まで、約100名の登録ヘルパーが活動しています。登録ヘルパーは、自分のライフスタイルにあわせて活動できます。

まず、登録ヘルパーを希望する場合、総合福祉エリア訪問介護(0493-21-5571)までお電話ください。日程を調整して、面談を行い、活動できる曜日と時間を登録していただきます。

サービスの提供内容や活動曜日によって時給が変わります。土日や18時-8時までの間の活動は、割増しの料金が付きます。また、年休等有給休暇も、一定期間勤務すれば取得することが出来ます。急遽、休まなくてはならない場合などは、たくさんの仲間がいますので、調整できるので心配ありません。


研修も充実していて、資格を取ったばかりの方や、資格をとってしばらく経っていて活動することが不安な方には、職員が研修や同行して訪問を行いますので心配ありません。また、毎月の研修と勤務状況により、総合福祉エリアで開催される、喀痰吸引研修と同行援護研修を無料で受講できます。平成26年度はそれぞれ10名を超える登録ヘルパーが研修を修了しました。

やる気があって、前向きな方を大募集しています。慣れてきて適切にご利用者に対応できるようになると、コーディネイターと呼ばれる職員から、仕事の依頼の電話がたくさん行くようになります。


ヘルパー2級、初任者研修修了又は介護福祉の資格をお持ちの方で、まだ仕事をしていない方や総合福祉エリアで仕事をしてみたいと思っている方は、ぜひともご連絡ください。お待ちしています。

連絡先 0493-21-5571(ヘルパーステーション) 

訪問介護の紹介

事務所内の写真

ヘルパーステーションでは、東松山市に住むご利用者が、安心して在宅での生活を続けることができるよう、ホームヘルパーを派遣しています。介護保険法や障害者総合支援法等の制度の対象となった方はもちろんのこと、ケガや病気・出産といった一時的に支援が必要なときに、誰でもライフヘルパーを利用することができます。

営業日・営業時間

  • 365日24時間(24時間巡回型対応)

ご利用いただける方

  • 介護保険(訪問介護・介護予防訪問介護)の対象の方
  • 障害者総合支援法(居宅介護・同行援護・行動援護・重度訪問介護・重度障害者等包括支援)の対象の方
  • 地域支援事業(移動支援)の対象の方
  • 難病患者等ホームヘルプサービス事業の対象の方
  • 東松山市ホームヘルプサービス事業の対象の方

ご利用の様子

定期的訪問の写真

担当のコーディネーターが定期的に訪問し、ご利用者のご要望をお伺いします。

家事支援の写真

ご自身で出来るところは行っていただきながら、家事支援を行なっています。

深夜介助の写真

365日24時間、ヘルパーを派遣できる体制をとっています。深夜帯の訪問は、防犯、安全確保の為に、職員2名体制で訪問しています。

深夜

深夜帯の夜勤専門職員2名による、24時間巡回型の就寝介助の様子です

あすみーる

ヘルパーの中には、医療的ケアのできる資格を持つ者もいます

バス

コアラバスを使って、外出支援をしている様子です。非常勤職員や登録ヘルパーの中には、定年退職後に資格を取って、活躍している男性ヘルパーが多数います。

登録ヘルパー(大学生)の写真

登録ヘルパーの中には、現役の大学生も活躍しています。授業の合間をぬって、主に障害をお持ちの方の支援を行っています。

重症心身障害者の方と一緒に、水やりボランティアとして、市役所の正面玄関のお花にお水をあげている様子です。

外出

ご希望により、お昼にヘルパーと一緒に外食をしました。とても、お喜びになっていました。

普段は、なかなかご自分で食べることは難しいのですが、このときは、とても頑張りました。

お店(ギャレット)の方たちです

通常の食形態では、だべられないのですが、お店の方がミキサーにかけてくださいました

ステーション・会議等の様子

会議風景の写真

職員会議の様子です。毎月ヘルパーステーションの運営状況や、日々のご利用者の支援の方向性などを話し合う重要な会議です。

会議・研修の様子の写真

登録ヘルパーの会議・研修の様子です。100名を超える登録ヘルパーに対して、ご利用者により良いサービスを提供するために、毎月会議・研修を行なっています。

活動報告をしている様子の写真

登録ヘルパーが、活動報告をしている様子です。直行直帰型の登録ヘルパーは、必ず定期的にステーションに報告に来ます。男性の登録ヘルパーも多く活躍しています。

交通標語

職員会議でステーションの交通安全標語を決め、安全運転を意識するよう掲示しています。

腰痛体操

毎日お昼休みに皆がそろって、腰痛体操を行っています。この日は、記録簿を提出に来た登録ヘルパーも参加しました。

月末

月末は、その月の訪問実績を確認する事務手続があるため、たくさんの登録ヘルパーが記録簿を持ってステーションに報告にやってきます。

登録ヘルパーと職員(サービス提供責任者等)は、普段からご利用者の情報の共有に努めています。

通称「黄色い紙」とよばれているヘルパー交代のための用紙です。都合により、担当の訪問に行けない場合、他のヘルパーが代わりに訪問します。訪問忘れがないように、前日にステーションから臨時に入るヘルパーに確認の電話をします。

登録ヘルパー研修・会議について

 総合福祉エリアヘルパーステーションでは、ご利用者一人ひとりの気持ちを尊重した質の高いサービスの提供に向け、ヘルパーの資質の向上を図ることを目的に、職員及び登録型すべてのヘルパーを対象に毎月、登録ヘルパー研修会・会議を開催しています。
 在宅で暮らすご利用者の生活を支えるためには、幅広い知識や高い技術、そして何よりもご利用者を想う気持ちが重要だと考えておりますので、今後も登録ヘルパー研修会・会議会議等によりヘルパー各々で自己研鑽に努めて参りたいと思います。

登録ヘルパー会議・研修について

平成29年2月22日(水)・24日(金)で計3回開催し、81名の登録ヘルパーが参加し情報を共有しました。

ひやりはっと・事故・苦情・要望についての報告や励ましの声、連絡方法の確認を行いました。
また、平成29年扶養控除申告書の提出等の事務連絡を行いました。

研修では「KYT 危険予知トレーニング」について訪問介護係・篠田副主任を講師として、グループワークを行いました。
今後も、ご利用者に適切な支援ができる様、研鑽に努めてまいります。

なお、支援等で研修・会議に参加できなかったヘルパーには、個別に伝達を行っています。

知恵つくポイント

登録ヘルパー研修・会議の中で「知恵つくポイント」として、ご利用者宅に訪問時、ちょっと役に立つ“裏ワザ”を紹介しています。

今月はヘルパーさんから要望の多かった「腰痛」について取り上げました。
基本の確認を中心に説明しました。腰痛を防ぐポイントは、無理だと思ったら『あきらめる』ことです。移乗は介護者の『腰』に負担のかかる動作です。難しい場合には無理せず、2人介助や、リフトの導入を検討していく必要があります。腰痛にならない介助方法を今後も学んでいきたいと思います。

来月もお楽しみに(゚∀゚)!!


あ

s

w

d

今後の開催予定

8月登録ヘルパー研修・会議は以下のとおり開催しますのでご確認下さい。

日時:平成29年8月24日(木)13:30-14:30
       8月24日(木)17:30-18:30
       8月25日(金)11:00-12:00

場所:エリア会議室

内容:○知的障害について 
   ○ひやりはっと報告・苦情報告・励ましの声報告・支援時の注意事項など
   ○知恵つくポイント等

利用料金

サービス利用料金表は下記ファイル(PDF)よりご確認いただけます。

□介護保険法(訪問介護サービス)
 ※特定事業所加算(〓)・介護職員処遇改善加算(〓)を算定しております。

□介護保険法(介護予防訪問介護サービス)
 *介護職員処遇改善加算(〓)を算定しております。

□障害者総合支援法(居宅介護サービス)
 *特定事業所加算(〓)を算定しております。

□障害者総合支援法(同行援護サービス)
 *特定事業所加算(〓)を算定しております。

□障害者総合支援法(行動援護サービス)
 *特定事業所加算(〓)を算定しております。

□障害者総合支援法(重度訪問介護サービス)
 *特定事業所加算(〓)を算定しております。

□地域支援事業(移動支援)

パンフレット

パッフレットは下記ファイル(PDF)よりご確認いただけます。

同行援護従事者養成研修を開催しました。

平成28年11月24日(木)・28日(月)・12月5日(月)の計3日間にわたり、同行援護従事者養成研修(基礎)を開催され、今年度は16名の方が参加されました。
視覚障害者の理解から始まり、同行援護の基礎知識や代筆・代読、また実際にアイマスクと白杖を使用し2人1組となり、エリアから東松山駅の道のりや障害物のある階段や段差を歩いたり、駅では、エスカレーターの乗り降りの実技を行いました。
普段通っている道でも、眼を閉じた状態ではとても怖く、少しの段差も危険が伴います。安全安心を第一に考え「その人らしい生活」への支援ができるように、基本的知識と技能・技術を学びました。

基本演習

これから出発です

階段演習

階段は慎重に。

エスカレーター演習

エスカレーター体験

修了証明書授与

3日間お疲れ様でした!

登録ヘルパーへのお知らせコーナー

登録ヘルパーさんへ

節分も終わり「立春」も過ぎましたが、まだまだ寒い日は続きそうですね。静岡の河津桜も咲いたようで、確実に少しずつ春に近づいています。嬉しい便りが待ち遠しい今日この頃です。

埼玉県ではインフルエンザの流行注意報が発令されました。流行の拡大を懸念し対策を講じるよう注意を呼びかけていますので、皆様も健康管理には十分留意して下さいね!

「同行援護従事者養成研修」が3月に開催されます。
(1)3月22日(火)9:00-16:00
(2)3月23日(水)8:30-15:30
(2)3月24日(木)8:30-17:30

まだ受講していない方で興味のある方はぜひ参加して下さい。

詳細は後日登録ヘルパー研修内等でお伝えしますので、よろしくお願いします。

血圧計・体温計あります!

ヘルパーステーションには電子血圧計があります。
登録ヘルパーはどなたでも利用可能ですので、ヘルパーステーションにお越しの際は健康管理の一環で
ぜひ、ご活用下さい。

また、体温計もあり、12月-3月まで、インフルエンザ感染防止の為訪問に行く前に体温を測り、報告書に記載していただいています。体温が37℃以上の場合は、ステーションに連絡し医療機関を受診してインフルエンザの検査を受けて下さい。

測定する際はプライベートスペースもありますので遠慮なくお声かけ下さい。

お問い合わせ

【訪問介護、ライフサポート事業(ヘルパーステーション直通)】
TEL:0493-21-5571/FAX:0493-25-3305

メニュー

ひがしまつやま市総合福祉エリア
〒355-0005 埼玉県東松山市大字松山2183
TEL:0493-21-5556 FAX:0493-25-3305