(共生型多機能センターあすみーる)グループホームあすみーる

サービスの紹介

グループムホームは、少人数の共同生活の場です。介護保険法上の地域密着型サービスに位置づけられ、高齢になり認知症になっても、日常生活上の介護や必要な支援を受けながら、地域との交流を持ちながら、家庭的な環境で生活する施設です。
グループホームあすみーるでは、同じ建物で行っている事業のご利用者との交流を大切にしています。また、ご入居者が「生活する主体者」であるために、家事など出来ることに積極的に携わっていただくなど、生活支援を重視しています。認知症になっても住み慣れた地域と暮らしつづけるために、ご本人とご家族の支えになることが、私たちの目指す姿です。

施設概要

施設内装等

6部屋(和室3部屋・洋室3部屋:共にクローゼットあり)
ベッド、たんす等の家財道具は備え付けてございません(入居者にご用意いただきます)

定員

6人

ご利用いただける方

東松山市民で、介護保険法による被保険者で要支援2から要介護5の状態にあり、認知症の診断が出ている方。

生活の様子

1日の過ごし方

ボランティア来訪の様子

あすみーる10周年!

平成29年12月20日(水)あすみーる10周年記念行事を行いました。当日は、ご家族の方々、日頃お世話になっているボランティアさん、民生委員の方々、市内外関係機関の方々の参加をいただきまして、本当にありがとうございました。ご利用者からも「10周年おめでとうございます」「あすみーるのおかげで元気で過ごせています」など、沢山の励ましのお言葉も頂き、職員にとっても想い出に残る一日でした。

午前中はカレーライスをご利用者と職員で作りました。

午後は地域活動支援センターメンバーによる出し物がありました。

職員によるハンドベル演奏

記念品が配られました。

茶道ボランティアさんより美味しいお抹茶をたてて頂きました。

日頃ご利用者と一緒に作った作品など展示を行いました。

振る舞いそば打ちくらぶ

本当においしいおそばでした。

そば打ちくらぶとの集合写真

3月9日(金)「振る舞いそば打ちくらぶ」の方々にお越し頂き、手打ちそばを振る舞って頂きました。「振る舞いそば打ちくらぶ」は小規模施設を対象にボランティア活動を行っていて、毎年3月にあすみーるに来て下さっています。今年で5回目になり、ご利用者との再会も楽しみにされていたそうです。北海道産のこだわりのそば粉を使った日本そばと桜そばの2種類があり、ご利用者もそば打ちの体験をさせてもらいました。体験したご利用者は、「昔やったよ」と懐かしい思い出を語りながら、手さばきも見事でした。打ち立て、茹でたてのおそばはとても美味しく、皆さん自然と手が伸びていました。また来年もお会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました!

昔やったよ

そば打ちくらぶ総勢15名で準備してくれました

1年ぶりの再会

麺きりにも挑戦!

いい匂いですね!

良い手つき

食も進みました

日本そばと桜そばの2種類

利用料金

サービス利用料金表は下記のファイル(PDF)よりご確認いただけます。

パンフレット

パンフレットは下記ファイル(PDF)よりご確認いただけます。

お問い合わせ

【共生型多機能センターあすみーる】
住所:〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町2-5-37
TEL:0493-21-5603/FAX:0493-21-5604

メニュー

ひがしまつやま市総合福祉エリア
〒355-0005 埼玉県東松山市大字松山2183
TEL:0493-21-5556 FAX:0493-25-3305